どちらの牌から切っていくかで,麻雀の運命が変わる

 ネットオンライン麻雀では、たとえペンチャン受けを切り出す場合であったとしても、どちらの牌から切っていくかで運命が変わったりします。

 たとえば、ソウズでイーソウとリャンソウというペンチャンを切り出そうとするとき、イーソウから切るのかリャンソウから切るのかを、しっかりと考えなければいけません。つまり、ほとんど形が決まっていて本当に不要牌ということであれば、より危険になりそうな牌であるリャンソウから切るのが正しい手筋です。それとは逆に、まだ手牌変化する可能性があり、リャンソウを残しておくことでサンソウやスーソウのくっつきや、リャンソウをもう1枚引くことでタンヤオへの振りかわりになる場合は、様子見的な意味合いでイーソウから切る必要があります。

 ペンチャン1つ払うにしても、適当に払うのかきちんと考えながら払うのかでは麻雀の手役に大きな影響が出てきます。適当に1枚を払った瞬間に他家からリーチがかかり、もう1枚を勢いで払ったら一発放銃だったというのでは、その局面だけで運を落としかねません。ですから、場の状況をしっかりとみすえて、ペンチャンでどちらから落とすのかが正しいのかを、しっかりと見極めながら打つ必要があります。

 このテクニックはかなり高度ですが、気をつけていれば必ずできるようになります。

オンライン麻雀